パソコンの五大装置を簡単に理解しましょう

  • -

パソコンの五大装置を簡単に理解しましょう

利用頻度の高い入出力装置は作業の要

皆さんはパソコンを利用する時、キーボードやマウスなどで文字や図形を入力しますね。そしてそれをモニターで見たり、プリンターに印刷したりします。普段の作業で一番利用し、手に触れる機会の多い装置だと思います。キーボードやマウスは入力装置と呼ばれ、パソコンにデータを与える装置になります。スキャナ、ペンタブレット、マイク、デジタルカメラなども入力装置になります。一方、モニター、プリンター、スピーカーなどは出力装置になります。例えば、キーボード(入力装置)から入力されたデータは、パソコン内部で処置されて、その結果がモニター(出力装置)に出力されます。入力したものがモニターに直結して出力されている訳ではないのですね。入力装置と出力装置の間にパソコンが介在して、様々な処理を行ってから出力が行われる仕組みになっています。

パソコンの頭脳は大活躍

パソコンの頭脳はCPU、という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。CPUは入力されたデータをモニターやプリンターなどに出力できるように処理をします。データは最初からモニターなどに出力されるような形で入力されている訳ではないのですね。皆さんがキーボードなどから入力したデータは、1ビットという情報の最小単位のデータをいくつかまとめた形でパソコンに渡されます。CPUはそれを演算して文字や図形などの形に変換し、そのデータに適した出力装置へ出力するよう制御しています。例えば、文字や図形ならモニターかプリンター、サウンドならスピーカーというように出力先を制御しているのです。そのため、CPUは演算装置、制御装置と呼ばれます。パソコンに接続された様々な装置を利用できるように制御するのもCPUの大事な役割です。

あなたの大切なデータを記憶します

皆さんは自分で作成したデータやファイルは保存しておくと思います。それは、ハードディスクであったり、USBメモリであったり、DVDディスクであったり、今は記録・保存用の媒体は様々あります。それらは記憶装置と呼ばれ、壊れない限り半永久的に記録されています。しかし、記憶装置の中には一時的にしか保存できないものも存在します。それはメモリです。メモリはパソコンまたはデータを作成しているソフトウェアが稼働している間だけ記憶している仕組みになっています。折角作ったデータを保存し忘れて困った経験はないでしょうか。データを作成している間はメモリに記憶されているため作業はできますが、保存せずに終了してしまえばメモリに記憶されていたデータは消えてしまいます。そこを理解していないと折角作ったデータも戻ってはきませんから注意が必要です。今までご紹介した装置についてほんの少し理解していれば、トラブルが発生した時に役に立つかも知れませんね。

パソコンを安く買いたい時に選択肢に入るのが中古パソコンです。保証がある物もありますし、十分に使えるパソコンを扱っているお店もたくさんあります。